コージーデザイン制作ノート

cozydesign.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

嘉門達夫BOX~怒涛のビクター・シングルスリリース!

c0154887_18163934.jpg
c0154887_18163079.jpg

嘉門達夫デビュー30周年記念CDとして企画されました。
ビクター在籍時のシングルCD完全収録+αと映像でたどる豪華BOXです。
CD5枚+DVD2枚のボリュウム。パッケージデザインを担当させて頂きました。
いろいろな方のご協力のもとに完成致しました。
特に、ビクターの制作の方、企画制作のTさん、パッケージが出来上がるまで
私共々数回、朝焼けを見ることとなりました。本当にお疲れさまでした。
お陰さまで、124ページの豪華、歌詞&資料ブックレットが封入されております。
見応えあります。

先日1月12日に、嘉門達夫デビュー30周年記念LIVEが渋谷でありました。
私も拝見しました。
「鼻から牛乳」「マーフィーの法則」「小市民のうた」「ゆけゆけ、川口浩!」などの歌が
おなじみの曲がまさに怒涛のように流れてきました。
そんな嘉門さんのシュールな笑いの曲のなかに、「さくら咲く」や「明るい未来」など
ほんのり温かい曲があり、印象的でした。
「さくら咲く」は“冷たい風に凍えても、春には必ずさくらが咲くから”という元気のでる歌です。
「明るい未来」は子ども時代を懐かしむ、少しせつない歌です。
歌詞の中に、子どもの頃、カットテープレコーダーがはじめて家に来た日、
家族が大騒ぎで、自分の声を順番に録音するというくだりがあるのですが…。
全く同じ事を、自分の家でもやっていました。今思い出すとちょっと懐かしく思えて、
あんなことやっていたよなぁという曲なんです。

嘉門さんはシュールな曲のイメージが私には強かったのですが、
LIVEを通して、聞き終えると、ほんのり温かい気持ちになりました。
シュールな曲が人のしょうもない部分を含めて、笑いにかえて
あたたかい歌として感じました。
だれでも持っている、人間としてのしょうもない部分。
本当はそのしょうもないところが一番、人間らしかったりしたりして…。
[PR]
by cozy-design | 2013-01-30 18:17 | 仕事
line

緑多い自由が丘に仕事場がある デザイナーの制作日記


by cozy-design
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31